深谷とはやみん

夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。働いた分の休みはちゃんとありますが、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も大変多いようです。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、実は意外と調整しやすいようになっています。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと待合室に患者があふれるようなことにもなって、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。時給がどのくらいなのかというと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが世間の相場みたいですね。単にパートの時給としてみると結構良いように思えますが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、つくづく安い値段ではないでしょうか。働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に求人が途切れるようなことはありません。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丹念に当たってみるなら、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近年においては、ウェブ上のサービスとして専門的に看護師の求人などを支援するサイトも増えてきていますから、会員登録して上手く活用しながら自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、うっかりミスなどが無いようにしましょう。もう一つ、薬のことも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、軽く考えない方が良いでしょう。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。休みを自由にとれて、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々が常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、もしも看護師の仕事を探している最中なら派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職という選択をすることにしたのでした。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとわかったのです。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。そんな風に、出戻りがしやすいかどうかというのは辞めた状況により変わってきます。例を挙げるなら、結婚や転居、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってきて、働く人も増加中です。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。漢字で表現した場合、こうして二種の字で表せます。かつては男性のことを表すのは看護士、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法律が変更された2001年を境に、男女とも使える「看護師」として一元化しました。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、その他報告しておくべきいくつかの事項を直接、顔を合わせて話します。患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量もとても大事なことです。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。一般的なほかの職業とは違って、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。ただ、本業の医療機関において副業を禁止、としていることもあります。また、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。勤務中の看護師というのは神経を張りつめていることが多く、そのために強いストレスを経験することになります。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、心にも大きな負担がかかるということになります。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を探し出せるかどうかというのは、この仕事を続けていくのであれば大事な点になるでしょう。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてカタカナでエッセンと書く言葉があります。食事のために休憩するということを勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれ現在に至っても普通に使用されているようです。看護師という仕事に就いていると、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。その結果かどうかは不明ですが、着飾った人が多く見受けられます。ですが、とにかく忙しいです。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりと聞くことがあります。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最も理想的であろうと感じます。現在、私は病院事務として働いています。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、どの方もいつもせわしなく働かれています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。しかし、案外、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なからずいらっしゃるんです。先生方も喜んで迎えられていて終始温かないい雰囲気となりました。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で看護師として腕を振るう人も多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。こうして、病院に限らず働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。そして、気になる退職金は、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。翻って個人病院の状況ですが、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、回復して退院した患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、最高にやりがいを実感できます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、退職したいと願ってしまうでしょう。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、大病院で最先端の治療に接したい、というように看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、意義の感じられる仕事です。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も病院に24時間いることになり、どこの病院でも日勤、夜勤と交代で勤務することになっています。こうした交代制の勤務では、多少強引にでも時間の調整をしなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。たいていの場合、看護師の人間関係は良くないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。慣れていないと、そんな環境にいい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは達観しておくのが良いでしょう。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、看護師需要は高まるばかりで、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。そういう看護師の仕事を続けていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、それだけでなく自分自身の身体のことも今の状態を把握しやすくなるようです。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして重要な理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。初任給で考えても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。しかしながら、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに貢献していかなければなりません。病院などで看護師という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることも何度もあるでしょう。 仕事上のミスや、患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。そうはいっても、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと感じることも多くあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話もすべて看護師の仕事となっております。いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、時間が経つのを忘れてしまうほど立ち働くことになります。改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。はっきりした違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防のためのアドバイス、薬を処方することが仕事とされています。それに対して、看護師は、医師の指導の下、診療の補助をして、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。何か不測の事態による緊急の出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういうところでは大体は土日は休めるようになっているでしょう。
西武多摩川線の出会い系ガイド